JAPANESE | English

クライアントの声

Home / COACHING / クライアントの声

クライアントについて

クライアントの声

1. コーチングを振り返っていかがでしたか。

  • 一番の気づきは自分の心の声に全然向き合っていなかったことに気づいたことです。日々、よく内省はする方だとは思っていましたが、自分の素直な感情を横に置いて周囲の期待されるものを優先したり『やらねば』を優先してきたんだなぁと感じました。自分の心の声を聴くようになってから、自然体で頑張るとか自然体で接するという習慣がだんだんと板についてきたように思います。

    30代
    30代 会社員
  • よかったという素直な感想です。自分の人生にコーチがいてくれて,そして定期的にセッションという刺激があって。何せ少なくとも2クール続けられ,3クール目に入れたという事がそれを物語っていると思います。

    40代
    40代 経営者
  • 当初のコーチングの目的は『仕事に限らず人生を通じて実現したいことは何なのか。自分の中の軸をもう一度考えたい』だったが、軸を見つめなおすだけでなく、その時々の自分の問題意識に沿ってコーチングを受けることで自分の中の判断の軸や自分がありたい状態であるためのヒントが得られる。

    30代
    30代 コンサルタント
  • 初めてコーチングというものを知り、課題のおかげもあって、普段の自分の意識とかスタンス?が変わったことが、自分でもびっくりしたし、大きな発見でした。同じ事柄に対しても、見方を変えることで感じ方が全く違うものになること、それによって自分の気持ちも大きく変化したのが興味深かったし、楽しかったです。知らない自分とか、物事の見え方と出会えたことがとても嬉しかったです。自分一人だと出会えなかったと思います。そして、コーチも一緒に色んな感覚とか気持ちを体感してくれたことで、より深い理解ができたように感じました。

    30代
    30代 銀行員

2. 具体的にコーチングを経て、得たものを挙げるとしたら何ですか。

  • 対人 人に出会うことが楽しみになった。人がどうジャッジするかより、その場で自分自身がどう感じるか、何を人から学ばせてもらうかが大事だと考えることが出来ている。

    30代
    30代個人経営
  • 対人 定期的に自分に矢印を向けることによって、日常生活で他に目を向ける余裕やスペースが出来た。コーチングを始めたときは相手もいなかったが、結果、人生のパートナーとも巡り会えた。

    30代
    30代会社員
  • 対仕事 これまで一生懸命働き、ガツガツ頑張って来て、ある程度の経験とキャリアを積んできたが、今後というところでいうとこのままでいいのかなという違和感があった。その違和感が何だったのかが分かって、自分がどうしたいのかが生まれてきた。また、仕事においてありたい自分で居られるようになった。職場では緊張感高く、カリカリしていて自然体の自分とギャップがあったが、自然体で居られるようになった。

    30代
    30代コンサルタント
  • 対仕事 転職において、自分が何をしたいのか、大事にしたいのかを気づくことができ今までの世界から飛び出すことが出来た。以前だったら周りの目を気にして早い段階で妥協してどこかの組織に入る決断をしているが、今はまだ落ち着く場所ははっきりとは決まっていないが、前に進んでいる実感があるので、日々手応えを感じながら過ごしている。

    30代
    30代会社員
  • 対自分 周囲の目を気にするのではなく、自分がもっと自由になれた。自分を軸に物事を決められるようになったし、何よりも自分を大事にすることが出来た

    30代
    40代主婦
  • 対自分 好きなこと、やりたいことを行動にうつせた。転職活動の意思決定、ボランティア、運動、勉強など。

    30代
    30代会社員
  • 対自分 自分との付き合い方。良いところだけではなく、弱いところも全て受け入れた上で自分と向き合い好きになること。踏み出す勇気。
    今まで、行動する前に考えてしまう癖があったが、まずやってみて無理ならその時考えれば良いかと楽にステップが踏み出せるようになった 。

    40代
    30代フリーランス

3. あなたにとってコーチングはどんな時間でしたか。

  • 自分の心の声をあぶりだす時間であり、決してその時に抱いている悩みに対して解が定まらなくても自分を整える時間になっています。

    30代
    30代会社員
  • 自分の欠点を許す時間

    30代
    30代会社員
  • 自分をホールドするための大切な時間。

    30代
    30代コーチ
  • セッションをするタイミングによっては大した悩みがないと思っているときもある。それでもそこから自分を知る冒険が出来ることが楽しいし、新たな発見がある。それは今を味わっていて、より日々の自分が研ぎ澄まされる時間

    30代

4. コーチをつける価値はどこにありますか。

  • コーチとの対話の中でも自分でもびっくりするような答えが出てきてしまう体験をした。そこにコーチをつける価値があると思った。また、コーチングはコーチの年齢や経験が大事だと思っていましたが、全くそうでなかったこともわかった。

    40代
    40代銀行員
  • 自分だけでは考えが及ばない視点で自分自身を掘り下げられる。

    30代
    30代教員

5. 村松圭子のコーチングはどんな印象を持ちましたか。

  • とても話しやすいし、リラックスできる。問いを立てるタイミングが素晴らしいから、自分の内なる声を聞くことができる。

    30代
    30代 会社員
  • 自分の潜在的な可能性を引き出してくれるコーチ。

    30代
    50代 経営者
  • 安易に肯定・共感をするのではなく、凛とした姿勢で応援しながら伴走してくれる存在、そんな印象です。

    30代
    30代 人事
  • ただのおしゃべりにならなかったことにとても感動した。気休めに過ぎない、そんな印象も今まで経験してきたコーチングでは感じた事もあったので、コーチをお願いしている人のニーズをしっかりはずさないところが、すばらしいと思う。

    40代
    40代 フリーランス
  • 自分が感じていることをとことんひきだして、時には、自分でしっくりくる言葉にできない部分を、言葉にしてくれる心のサポーターという印象です。

    30代
    30代 コーチ
  • ユーモアを交えて話してくれるから楽しい。

    30代
    30代 会社員